新TIPSは【毎週日曜:夕~夜】更新予定!

ラフから線画のおしゃれな描き方

【初心者向け】線画の「ニガテごまかし」術【描き方】

今回は、イマイチ線画がニガテな方にオススメしたい「線画ニガテのごまかし術」をまとめてみました。

ReadMore

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方【3ポイント】

今回は、イラストでも漫画でもグッズでもキャラクターを魅力的に演出しやすいデフォルメイラスト・ミニキャラの描き方をご紹介していきます。

ReadMore

affinger6のGoogleアドセンス自動広告時のヘッダー広告の消し方

【AFFINGER6】ヘッダー一面に表示されてしまう自動広告の非表示方法【Googleアドセンス自動広告】

AFFINGER6に設定+Googleアドセンスの自動広告を設定した際に、ヘッダーにいきなりドデカ広告が表示されて困った▶︎同じ悩みで質問や記事はあるものの、いくら検索してもイマイチ解決法が見つからなかったため、今回健忘録として残します。 ほかのテーマでの同じ悩みの際でも、解決に繋がるかも

ReadMore

XP-PENのおすすめペンタブ「板タブ」「液タブ」特集!

【2024年】"こだわり別"に紹介「XP-PEN」のペンタブ特集!【オススメ5選】

指描きやアナログ卒業!デジタルお絵描きに挑戦したい・ペンタブのグレードアップ検討中という方に向けるXP-PENの商品ラインナップから「こだわり別」にピックアップし紹介していきます!

ReadMore

キャラの描き分けで大事な【目の描き分け・描き方】

【「形」で捉える!】目の描き分け方&描くコツ【一覧まとめ】

本記事では、キャラクターにとって最重要と言っても良い「目」の描き分けを紹介していきます。 キャラの描き分けが苦手な方や、キャラデザに詰まっている方におすすめの記事です。

ReadMore

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

味気なくなりがちな「アニメ塗り」をカンタンな小技で初心者感・味気なさ・手抜き感をなくすテクニックをまとめてみました!

ReadMore

初心者にオススメのペイントソフトレビュー

結局どれがいいの?【重視別】おすすめのペイントソフト4選

そろそろデジ絵を始めたい…けど、ペイントソフトはたくさんあって結局どれが良いのかわからない!という方向けに、おすすめのデジタルペイントソフトをピックアップしてみました。 ぜひ、デジ絵デビューの参考にしていただければ嬉しいです。 https://kaketa.blog/archives/1373 あわせて読みたい おすすめのペイントソフト4選と詳細一覧表 結論から言うと一番のおすすめペイントソフトはCLIP STUDIO PAINTです。 ただ、もうちょっと選択肢と「決め手」となる情報が欲しいですね。今回は ...

ReadMore

クリッピングとレイヤーマスクの使い分け・使い方活用方法の解説

【はみ出さずに塗る機能】「クリッピング」と「レイヤーマスク」の違いを解説!【使い方】

ペイントソフトに備わっている機能「クリッピング」と「マスク」というふたつの機能を使いこなせていますか?「正直、違いがわからない…」▶︎「どちらかひとつしか使っていない」という方は、ぜひ、このふたつの機能の特徴を知り、絵の表現の幅を広げるきっかけになれれば幸いです! 解説に使用しているソフトは、CLIP STUDIO PAINT EXですが、他ペイントソフトでも機能があれば、基本的に役割は同じです。 「クリッピング」と「マスク」の違い そもそも、クリッピングとマスクの違いって何?という方も少な ...

ReadMore

イラストにおける色使い・配色の苦手克服に近づくオススメのカラーイラストテクニック本を紹介する記事です。

【2024】配色・色使いのニガテ克服!カラーイラストテクニックおすすめ本・書籍【3選】

こちらの記事は、イラストにおける配色・色使いをテーマとしたオススメのカラーイラストテクニック書籍をまとめた記事となります。 書籍名難易度特徴イラスト、漫画のための配色教室 ミニ帖解説イラストレーターや、シーン・配色がそれぞれにあり、初心者に特にオススメながらもクオリティの高い一冊。光と色のチュートリアルイラストレーターパク・リノさんによる、光と色の表現について秀逸にまとめられた一冊。カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~色彩と光の理論をさまざまなシーン・画家の作品を用いて紹介したと ...

ReadMore

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】アニメ塗り

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】

イラストのクオリティや見栄えをさらにあげるのに大切な「最後のひとおし」として、多くのイラスト加工テクニックがあります。今回は、【イラストの加工テクニック】を一覧としてまとめてみたので、ぜひご参考にしていただければと思います。 なお、使用しているソフトはCLIP STUDIO PAINT EXですが、基本的に他のペイントソフトでも応用が可能です。 1:「オーバーレイ」で色の調和 オーバーレイは、画像全体の色の調和をすることができるオーソドックスな手法です。キャラクターと、背景の色味に違和感を感じる際などは、 ...

ReadMore

描き方TIPS 背景講座TIPS

写真を使った【背景イラスト】の加工法&描き方【難易度別3選】

当ブログ内には広告が含まれます。

写真を使った背景・風景イラストの加工法&描き方

写真の準備

まずは、使用する写真を用意しましょう。

今回は、テーマを『渋谷』にしているため、かさこさんが出版されている『背景資料集:渋谷(東京シリーズ2)』内の素材を使用させていただいております。
そのため、説明画像内の写真には透かしを入れております。多少の見づらさがあるかと思いますが、ご了承ください。

写真は必ず自分で撮影した写真、または下記のようなストックサイトや、加工トレスOKの写真カタログを購入し、使用しましょう。

✴︎おすすめのストックフォトサイト&加工・トレスOK写真カタログ

おすすめのストックフォトサイト

※写真素材を使用する際は、無料であっても必ずダウンロードまたは購入をしましょう。

価格サービス特徴
無料プランあり写真AC無料プランは、1日の検索回数に制限あり
無料プランありストックフォト【PIXTA】
素材が豊富にあり、購入の場合でも数100円〜など、購入もしやすい
有料shutterstockクオリティが高く、世界的なサービスのため、素材も豊富。

写真家「かさこ」さんのトレス・加工OKの写真集(オススメpickup!)

価格著書名特徴
¥450背景資料集:原宿・表参道・キャットストリート都市・街のシーンにオススメ
¥350室外機萌え写真集ディテール付けや、建造物の装飾などのアイデアが生まれやすい良書籍
¥2,750イラストレーターのための背景資料集 令和の学校シチュエーションが学校のイラストにうってつけの書籍です。
¥1,000背景資料集「住宅街」素朴な住宅街の資料集!漫画にもオススメです。
価格は2024年3月時点の価格です。変更されている場合があります。

写真の下準備

写真をソフトで加工する前に、スマホやタブレットでトリミングや、カメラアプリ等でフィルター加工などの下準備をしておきます。

下準備のメリット

  • トリミングすることで、キャラクターの配置イメージがしやすい
  • スマホでイメージの確認ができる
    (完成後に、PC・タブレット→スマホで確認した際に色味やスケールでのギャップが生まれにくい)
  • 空き時間で手軽にできる
  • デメリットは特になし!

上図が、スマホで下準備をした写真になりますので、以降はこの状態から解説していきます。

難易度1:簡単イラストタッチ化

写真をカンタンかつ、高クオリティでイラスト化できるのが、Photoshopの「フィルターギャラリー」です。

【アドバンスクールオンライン】というサービスを利用すると、
Photoshopを含むAdobe公式のコンプリートプランと同じ内容が使用できて、もちろん全て商用利用可能。

講座もセットのため、ぜひ活用のご検討をしてみてはいかがでしょうか?


フィルターギャラリーの手順
クリックで拡大

❶まず、やりなおしができるように、写真の複製をしておくのがオススメです。

❷上のメニューバー「フィルター」
 ▶︎「フィルターギャラリー」

で、フィルターの一覧が表示されます。

イラストに馴染むフィルターと、イチオシフィルター

イラストの背景として、イラストとしてなじませやすいフィルターは左図が馴染ませやすいと思います。

ただし、イラストによっては、これ以外もマッチする場合もありますので、ぜひいろいろとお試しください。

個人的に、一番イラスト化しやすいフィルターとして、カットアウトがおすすめです。

フィルター加工が向かない写真

上記では、描くのに時間のかかる都会や街の写真を使用しておりました。
人工物が主な写真は、フィルターギャラリーでのイラスト化は簡単かつ、よりイラスト調にしやすいですが、下図のように自然物(特に樹木)は、写真感が残りやすいのでご注意ください。

でも、写真を参照したいという方は、難易度3で紹介している写真の模写がオススメなので、ぜひお試しください!

難易度2:ピンボケで「ポートレート風」

では、さらに実用的に活用できるピンボケ加工の紹介をしていきます。

写真をイラスト化「ピンボケ」でポートレート風イラスト

Photoshopでピンボケ

フィルターギャラリーの手順で、「フィルターギャラリー」

塗料」で、太いタッチにします。
画像はクリックで拡大できます。


上メニューバー「フィルター」

「ぼかしギャラリー」

「フィールドぼかし」

で、タッチを柔らかくしたら、背景は完成です。

ピンボケ加工ができたら、ライティングや色味を意識しながらキャラクターを描けば、
ポートレート風イラストして、見栄えの良いイラストに仕上がります。

ノスタルジーな雰囲気にしたい場合は、写真の下準備の段階で、フィルム風な色味(グリーンの効いた色味)にすると、さらに良い味が出せるかと思います。

クリスタでピンボケ

クリスタでは、CLIP STUDIO PAINT EXのプラグイン「レンズブラー」で、ピンボケが表現できます。

ピンボケの表現としては、Photoshopよりもこのレンズブラーのほうが、より再現度が高く思います。

しかし、
有償(400GOLD)
PC版のみ対応(ipad非対応)
と、デメリットもあります。

難易度3:写真の加工+模写

写真を用いたイラスト化で、個人的に一番オススメなのはやはり模写です。
模写をするメリットとして…

模写のメリット

  • 建物構造・色味・パースの情報を一番学べる
  • 表現力を捉える
  • (自分好みに描けるので)自由度が高い

など、時間や手間はかかるものの、メリットが非常に多いです。
難易度は、これまでと比べると格段に上がりますが、これを重ねることで、いずれ写真素材いらずになることができますし、何より自信がつくので、ぜひトライしてみましょう!

どうしても腰が重い方は、1日10分など時間を決めた練習模写でも⭕️

完成形をイメージ▶︎写真の下準備

下準備の加工をする前に、完成形をイメージしておくのがオススメです。

個人的に光が差し込むイラストが好きなので、のちの工程で陰影のコントロールがしやすいよう、少し明るめに加工をしました。

ラフとアタリ取り

慣れないうちは、写真からトレスしてアタリを取っていきます。
慣れてきたり、模写レベルをさらに上げたい場合は、ここから模写で行ってみましょう。

パースのアタリも、しっかり捉えておきましょう。

色ラフができたら、陰影のイメージ付けとして、乗算レイヤーと、オーバーレイレイヤーを追加して、イメージに近くなるよう色を置きます。

ここまでできたら、下書きフォルダとしてまとめておくと扱いやすいです。

パース定規の設定

アタリからパース定規を取っていきます。
パース定規の使い方に迷ってしまう場合は、下記にパース定規の使い方の解説もしているので、ぜひご参照ください。

パース定規に沿って、建物やモノ・色ごとに色分けしていきます。

ひたすら模写

ここからは、ひたすら模写をしていきます。

先ほどの色ラフ段階(陰影付けレイヤーは非表示状態)で描いていった色から取りつつ、できるだけ忠実になるよう描きましょう

先ほどのブラシで表現できない汚れやサビなどは、適宜イメージに合うような水彩や馴染ませ系のブラシで表現していきます。

店のロゴなども、できるだけ忠実に表現していますが、ここら辺はお好みです。

ディテールの調和のため、

この建物のレイヤーを結合

メニューバー「編集」

「色調補正」→「諧調化」

の加工を施しました。
◀️画像下図

ひたすら、写真から得られる情報を、自分で表現できる情報へと変換するような模写をします。

タイルやレンガは、案外不揃いだったり

スプレーの掠れは「移動ぼかし」で表現したり…

以外と基本ブラシでも、表現できるかも?と感覚を掴んだり…

とにかく細かい部分まで、できるだけ忠実を意識して模写していきます。

写真のイラスト化模写

完成!

ひたすら模写をしたら、乗算レイヤーとオーバーレイレイヤーを表示して、色味調整をしたら背景は完成です。

この後、キャラクターを配置したりして、都度影の追加等していきます。

◀️のように、自分で描けば、好きな部分の文字やコントラスト、色味等変えられるので、オススメです。

ちなみに、このイラストの制作時間は約6時間半です。

まとめ

以上、背景イラストへの写真の活用法でした。

難易度1,2は、本当にカンタンですが、筆者としてはやはり難易度3がイチオシです。
「今はまだキャラクターを頑張りたいから…」という方も、ぜひいつかはトライして描けた達成感と喜びを感じていただけたら嬉しいです。

おさらいですが、今回使用させていただいた写真素材は、かさこさんが出版されている『背景資料集:渋谷(東京シリーズ2)』内の素材でした。

おすすめのストックフォトサイト

※写真素材を使用する際は、無料であっても必ずダウンロードまたは購入をしましょう。

価格サービス特徴
無料プランあり写真AC無料プランは、1日の検索回数に制限あり
無料プランありストックフォト【PIXTA】
素材が豊富にあり、購入の場合でも数100円〜など、購入もしやすい
有料shutterstockクオリティが高く、世界的なサービスのため、素材も豊富。

写真家「かさこ」さんのトレス・加工OKの写真集(オススメpickup!)

価格著書名特徴
¥450背景資料集:原宿・表参道・キャットストリート都市・街のシーンにオススメ
¥350室外機萌え写真集ディテール付けや、建造物の装飾などのアイデアが生まれやすい良書籍
¥2,750イラストレーターのための背景資料集 令和の学校シチュエーションが学校のイラストにうってつけの書籍です。
¥1,000背景資料集「住宅街」素朴な住宅街の資料集!漫画にもオススメです。
価格は2024年3月時点の価格です。変更されている場合があります。

写真の下準備

写真をソフトで加工する前に、スマホやタブレットでトリミングや、カメラアプリ等でフィルター加工などの下準備をしておきます。

下準備のメリット

  • トリミングすることで、キャラクターの配置イメージがしやすい
  • スマホでイメージの確認ができる
    (完成後に、PC・タブレット→スマホで確認した際に色味やスケールでのギャップが生まれにくい)
  • 空き時間で手軽にできる
  • デメリットは特になし!

  • この記事を書いた人

7kmr

一般社会人。絵を描くことと猫が好きです。

-描き方TIPS, 背景講座TIPS
-,