新TIPSは【毎週日曜:夕~夜】更新予定!

ラフから線画のおしゃれな描き方

【初心者向け】線画の「ニガテごまかし」術【描き方】

今回は、イマイチ線画がニガテな方にオススメしたい「線画ニガテのごまかし術」をまとめてみました。

ReadMore

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方【3ポイント】

今回は、イラストでも漫画でもグッズでもキャラクターを魅力的に演出しやすいデフォルメイラスト・ミニキャラの描き方をご紹介していきます。

ReadMore

affinger6のGoogleアドセンス自動広告時のヘッダー広告の消し方

【AFFINGER6】ヘッダー一面に表示されてしまう自動広告の非表示方法【Googleアドセンス自動広告】

AFFINGER6に設定+Googleアドセンスの自動広告を設定した際に、ヘッダーにいきなりドデカ広告が表示されて困った▶︎同じ悩みで質問や記事はあるものの、いくら検索してもイマイチ解決法が見つからなかったため、今回健忘録として残します。 ほかのテーマでの同じ悩みの際でも、解決に繋がるかも

ReadMore

XP-PENのおすすめペンタブ「板タブ」「液タブ」特集!

【2024年】"こだわり別"に紹介「XP-PEN」のペンタブ特集!【オススメ5選】

指描きやアナログ卒業!デジタルお絵描きに挑戦したい・ペンタブのグレードアップ検討中という方に向けるXP-PENの商品ラインナップから「こだわり別」にピックアップし紹介していきます!

ReadMore

キャラの描き分けで大事な【目の描き分け・描き方】

【「形」で捉える!】目の描き分け方&描くコツ【一覧まとめ】

本記事では、キャラクターにとって最重要と言っても良い「目」の描き分けを紹介していきます。 キャラの描き分けが苦手な方や、キャラデザに詰まっている方におすすめの記事です。

ReadMore

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

味気なくなりがちな「アニメ塗り」をカンタンな小技で初心者感・味気なさ・手抜き感をなくすテクニックをまとめてみました!

ReadMore

初心者にオススメのペイントソフトレビュー

結局どれがいいの?【重視別】おすすめのペイントソフト4選

そろそろデジ絵を始めたい…けど、ペイントソフトはたくさんあって結局どれが良いのかわからない!という方向けに、おすすめのデジタルペイントソフトをピックアップしてみました。 ぜひ、デジ絵デビューの参考にしていただければ嬉しいです。 https://kaketa.blog/archives/1373 あわせて読みたい おすすめのペイントソフト4選と詳細一覧表 結論から言うと一番のおすすめペイントソフトはCLIP STUDIO PAINTです。 ただ、もうちょっと選択肢と「決め手」となる情報が欲しいですね。今回は ...

ReadMore

クリッピングとレイヤーマスクの使い分け・使い方活用方法の解説

【はみ出さずに塗る機能】「クリッピング」と「レイヤーマスク」の違いを解説!【使い方】

ペイントソフトに備わっている機能「クリッピング」と「マスク」というふたつの機能を使いこなせていますか?「正直、違いがわからない…」▶︎「どちらかひとつしか使っていない」という方は、ぜひ、このふたつの機能の特徴を知り、絵の表現の幅を広げるきっかけになれれば幸いです! 解説に使用しているソフトは、CLIP STUDIO PAINT EXですが、他ペイントソフトでも機能があれば、基本的に役割は同じです。 「クリッピング」と「マスク」の違い そもそも、クリッピングとマスクの違いって何?という方も少な ...

ReadMore

イラストにおける色使い・配色の苦手克服に近づくオススメのカラーイラストテクニック本を紹介する記事です。

【2024】配色・色使いのニガテ克服!カラーイラストテクニックおすすめ本・書籍【3選】

こちらの記事は、イラストにおける配色・色使いをテーマとしたオススメのカラーイラストテクニック書籍をまとめた記事となります。 書籍名難易度特徴イラスト、漫画のための配色教室 ミニ帖解説イラストレーターや、シーン・配色がそれぞれにあり、初心者に特にオススメながらもクオリティの高い一冊。光と色のチュートリアルイラストレーターパク・リノさんによる、光と色の表現について秀逸にまとめられた一冊。カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~色彩と光の理論をさまざまなシーン・画家の作品を用いて紹介したと ...

ReadMore

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】アニメ塗り

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】

イラストのクオリティや見栄えをさらにあげるのに大切な「最後のひとおし」として、多くのイラスト加工テクニックがあります。今回は、【イラストの加工テクニック】を一覧としてまとめてみたので、ぜひご参考にしていただければと思います。 なお、使用しているソフトはCLIP STUDIO PAINT EXですが、基本的に他のペイントソフトでも応用が可能です。 1:「オーバーレイ」で色の調和 オーバーレイは、画像全体の色の調和をすることができるオーソドックスな手法です。キャラクターと、背景の色味に違和感を感じる際などは、 ...

ReadMore

背景講座TIPS 配布素材

【ズボラでもなんとなく描ける】水彩風入道雲の描き方【風景入門】

当ブログ内には広告が含まれます。

初心者向け水彩風雲の描き方

使用ソフト:CLIP STUDIO PAINT EX
使用するブラシは、初期ペンツールの円ブラシ(同様に消しゴムも)と、今回筆者が作成したオリジナルの雲ブラシを使用しています。使いやすいブラシをお使いください。

夏の入道雲を描いてみる

今回は、雲といえば…な、オーソドックスな「入道雲」を描いていきます。
夏の入道雲は、夏の日差し特有のコントラストの強さと、インパクトさから、イラストを映えさせるのにぴったりな雲です。
描いてみると難しいですが、ぜひ楽しみながら描いてみましょう!

空と形取り

一番最初に空を置きます。
色は後で調整することが多いので、仮置き。
※グラデーションカラーにする場合は、グラデーションごとにレイヤーを分けておくのがおすすめです。

レイヤーを新しく作成し、雲の形を描いていきます。
使用ブラシは円ブラシです。

雲のもこもこ感を描く際、もこもこの大きさを
大・中・小と考え、それをランダムに描いていくと自然にできます。

影を入れていきましょう。

必ず光源(太陽or月)の位置を決めて描いていきましょう。

光源の位置を決めていくと、
どこに影が落ちて、どんな形で影をいれればいいかで迷うことがなくなります。

雲を捉える

雲は「立体物」

雲も歴とした立体物です。
上から光が当たれば、下に影が落ちます。

今回は、正面めのアングルの雲ですが、下から見ると、底は影というイメージを持って描くと良いです。

雲の影は雲にも落ちる

ライティングや、雲の形どりのイメージとして参考になるのが、

例えば、人の頭の影が、体に落ちるように、
雲の影は、雲自身にも落ちるということです。

手前に来ている雲があり、奥の雲にかかっている…など、雲の形をできるだけ頭の中で様々な視点で見比べてみると、より雲描画の解像度が上がっていきます。

ただ実際には、正面に見えるような位置に来る雲は、麓(底)部分はさらに手前の雲によって隠れるものですので、形どりの考え方としてご参考ください。

雲塗り

ぼかして立体感を出す

ここからは、雲なじませブラシや質感ブラシ、ぼかしツールを使って雲を描いていきます。

影がかかっていく・広がっていく方向へぼかしていきます。

このとき、ぼかしはじめのフチは、元の円ブラシのタッチを残すようにぼかすと水彩感や雲のやわらかさを表現しやすいです。

フチの際までうまくぼかせれば、水彩境界にもできます。

全体的にぼかしを入れていくと◀︎のようになります。
今回のように、入道雲を描く際は、ぼかしすぎず、エッジも残しておきましょう。
※ぼかしずぎると、入道雲感が薄れるので注意です。

影の濃さに強弱付け

雲の影色に、乗算モードレイヤーでクリッピングして雲の影色に強弱をつけていきます。

こちらは、影がより強く入る箇所に雲ブラシ(質感ブラシ)で影のシルエットを強調していきます。

さきほどの、ぼかし工程でぼかし残ししていた、エッジの効いた部分に色を置いていくと、更にコントラストの効いた雲の影にできます。

また、ぼんやりした部分でも、太陽(光源)に近い部分の影であれば、縁取りするようにやわらかめに濃い色を置いていくと良いです。

雲の影に強弱をつけていきました。

もし、影入れなどに迷ってしまう場合は、前述していた「雲の形を捉える」工程もイメージしてみるといいかもしれません。

雲にも反射光があるので、影に照り返りとして明るい水色なども入れると◎

雲の形を整える

雲ブラシ(質感ブラシ)で雲の質感を具体化していきます。
※水彩風ではなく、パキッとした雲のシルエットにしたい方は、円ブラシなど硬いブラシで形を整えていくと良いです。

グラデーションをかける

雲の立体感を更に上げるために、グラデーションをかけます。

太陽がある方向=暖色系(オレンジ)
影部分の方向=寒色系(ネイビー)
でグラデーションを作成し、レイヤーモードをオーバーレイしました。

雲の底と奥行きを描いていく

雲の底を描いていきます。
雲の形を捉える」工程でも説明した通り、そこ部分は影なので、濃い色で描いています。

蛇行」と「底からペイント」

奥行きを表現する際は、奥に向かって雲底を蛇行させて描いていきましょう。
オススメの工程として、
奥や遠方の雲は、底から描いてから上部の雲の形を描いていく失敗や迷い回避しやすいです◎

奥の雲を描く

前工程で描いた蛇行した雲の底を元に、雲を描いていきます。

メインの雲を目立たせる目的で奥の雲には影を入れています

さらに奥に流れる小さな雲

仕上げに、流れを感じる小さな雲を描きます。
雲ブラシ(質感ブラシ)▶︎消しゴム雲ブラシ▶︎ぼかしを切り替え切り替え使用し、形を整えながら描きましょう。

仕上げ

仕上げに、スクリーンレイヤーを作成し、光を拡散させます。

エアブラシなどやわらかいブラシ、暖色系の色で、光の当たっている部分をメインに光を飛ばし、完成です。

まとめ

雲描きのポイントのまとめとして

  • 雲は立体物
  • ぼかしや、影の強弱でエッジを強調
  • グラデーションで立体感UP!
  • 奥に向かう入道雲は「蛇行」▶︎蛇行から形どり
  • スクリーンで光を拡散して見栄えUP!

が、おおまかな【ズボラでもなんとなく描ける入道雲の描き方】のポイントでした。

背景入門として、背景初心者さん向けにパースの取り方のコツや、箱庭イラストの描き方講座などもあるので、ご興味があればぜひ見てみてください!

  • この記事を書いた人

7kmr

一般社会人。絵を描くことと猫が好きです。

-背景講座TIPS, 配布素材
-,