新TIPSは【毎週日曜:夕~夜】更新予定!

ラフから線画のおしゃれな描き方

【初心者向け】線画の「ニガテごまかし」術【描き方】

今回は、イマイチ線画がニガテな方にオススメしたい「線画ニガテのごまかし術」をまとめてみました。

ReadMore

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方【3ポイント】

今回は、イラストでも漫画でもグッズでもキャラクターを魅力的に演出しやすいデフォルメイラスト・ミニキャラの描き方をご紹介していきます。

ReadMore

affinger6のGoogleアドセンス自動広告時のヘッダー広告の消し方

【AFFINGER6】ヘッダー一面に表示されてしまう自動広告の非表示方法【Googleアドセンス自動広告】

AFFINGER6に設定+Googleアドセンスの自動広告を設定した際に、ヘッダーにいきなりドデカ広告が表示されて困った▶︎同じ悩みで質問や記事はあるものの、いくら検索してもイマイチ解決法が見つからなかったため、今回健忘録として残します。 ほかのテーマでの同じ悩みの際でも、解決に繋がるかも

ReadMore

XP-PENのおすすめペンタブ「板タブ」「液タブ」特集!

【2024年】"こだわり別"に紹介「XP-PEN」のペンタブ特集!【オススメ5選】

指描きやアナログ卒業!デジタルお絵描きに挑戦したい・ペンタブのグレードアップ検討中という方に向けるXP-PENの商品ラインナップから「こだわり別」にピックアップし紹介していきます!

ReadMore

キャラの描き分けで大事な【目の描き分け・描き方】

【「形」で捉える!】目の描き分け方&描くコツ【一覧まとめ】

本記事では、キャラクターにとって最重要と言っても良い「目」の描き分けを紹介していきます。 キャラの描き分けが苦手な方や、キャラデザに詰まっている方におすすめの記事です。

ReadMore

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

味気なくなりがちな「アニメ塗り」をカンタンな小技で初心者感・味気なさ・手抜き感をなくすテクニックをまとめてみました!

ReadMore

初心者にオススメのペイントソフトレビュー

結局どれがいいの?【重視別】おすすめのペイントソフト4選

そろそろデジ絵を始めたい…けど、ペイントソフトはたくさんあって結局どれが良いのかわからない!という方向けに、おすすめのデジタルペイントソフトをピックアップしてみました。 ぜひ、デジ絵デビューの参考にしていただければ嬉しいです。 https://kaketa.blog/archives/1373 あわせて読みたい おすすめのペイントソフト4選と詳細一覧表 結論から言うと一番のおすすめペイントソフトはCLIP STUDIO PAINTです。 ただ、もうちょっと選択肢と「決め手」となる情報が欲しいですね。今回は ...

ReadMore

クリッピングとレイヤーマスクの使い分け・使い方活用方法の解説

【はみ出さずに塗る機能】「クリッピング」と「レイヤーマスク」の違いを解説!【使い方】

ペイントソフトに備わっている機能「クリッピング」と「マスク」というふたつの機能を使いこなせていますか?「正直、違いがわからない…」▶︎「どちらかひとつしか使っていない」という方は、ぜひ、このふたつの機能の特徴を知り、絵の表現の幅を広げるきっかけになれれば幸いです! 解説に使用しているソフトは、CLIP STUDIO PAINT EXですが、他ペイントソフトでも機能があれば、基本的に役割は同じです。 「クリッピング」と「マスク」の違い そもそも、クリッピングとマスクの違いって何?という方も少な ...

ReadMore

イラストにおける色使い・配色の苦手克服に近づくオススメのカラーイラストテクニック本を紹介する記事です。

【2024】配色・色使いのニガテ克服!カラーイラストテクニックおすすめ本・書籍【3選】

こちらの記事は、イラストにおける配色・色使いをテーマとしたオススメのカラーイラストテクニック書籍をまとめた記事となります。 書籍名難易度特徴イラスト、漫画のための配色教室 ミニ帖解説イラストレーターや、シーン・配色がそれぞれにあり、初心者に特にオススメながらもクオリティの高い一冊。光と色のチュートリアルイラストレーターパク・リノさんによる、光と色の表現について秀逸にまとめられた一冊。カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~色彩と光の理論をさまざまなシーン・画家の作品を用いて紹介したと ...

ReadMore

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】アニメ塗り

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】

イラストのクオリティや見栄えをさらにあげるのに大切な「最後のひとおし」として、多くのイラスト加工テクニックがあります。今回は、【イラストの加工テクニック】を一覧としてまとめてみたので、ぜひご参考にしていただければと思います。 なお、使用しているソフトはCLIP STUDIO PAINT EXですが、基本的に他のペイントソフトでも応用が可能です。 1:「オーバーレイ」で色の調和 オーバーレイは、画像全体の色の調和をすることができるオーソドックスな手法です。キャラクターと、背景の色味に違和感を感じる際などは、 ...

ReadMore

お役立ちTIPS ペイントソフトTIPS 配布素材

【クリスタ】フィルター加工+αを使ったマーブルの作り方

当ブログ内には広告が含まれます。

【クリスタ】フィルター加工を使ったマーブルの作り方

クリスタの機能「フィルター機能」(+α)を使った「マーブル」の作り方のTipsですが、他のペイントソフトでも再現可能かと思いますので、ぜひチェックしてみてください!

CLIP STUDIO ASSETSにて、オートアクションも公開中です。

自分でやるのは面倒…と言う方は、上のオートアクションもおすすめです!

準備

まず、空のレイヤー(ラスターレイヤー)を用意し、

上部メニュー「フィルター」▶︎「描画」▶︎「パーリンノイズ」を選択します。

数値は、フィーリングでOKです。

※柄のサイズ(スケール)が細かすぎない方がいいと思いますが、お好みでOK

作成したパーリンノイズ画像を渦巻き上に変形させます。

メニューバー「フィルター」▶︎変形▶︎渦巻き

❌マークを起点として渦巻きを作ります。

範囲項目のチェックボックスは「サイズを指定(半径,扁平率を使用)」に設定をオススメします。

更に渦巻きを作ります。

同じ手順で、渦巻きを加えましょう。

このとき、ひとつめに作った渦巻きとは、サイズや渦巻きの方向等変えるといい感じになりやすいです。

ゆがみツールで、機械的だった渦巻きに、流れを加えていきます。

渦巻きを崩すようにゆがませたり、サイズやゆがみの強さを変化させながら歪ませていくと、良いアクセントになります。
また、渦巻き変形でできてしまった空白部分も、修正しておきましょう
(大きめのブラシサイズ設定だと自然に修正しやすいです)

マーブルとなる画像はこれで完成です。

マーブルの色づくり

レイヤー▶︎色調補正レイヤー▶︎グラデーションマップ

で、グラデーションマップレイヤーを作成します。

グラデーションマップを作成、または素材を使用してください。

▼マーブル作りにおすすめのグラデーションマップです!

 

上記以外でも、お気に入りのグラデーションをお試しください!

ラメづくり

ラメのようなテクスチャを作っていきます。

新規ラスターレイヤーを作成▶︎黒で塗りつぶし

フィルター▶︎効果▶︎ノイズ(数値はお好み)

レイヤーモードを「覆い焼き(発光)」にし、グラデーションマップレイヤーの下に配置します。

すると、ざらざらとした質感が生まれます。

もう一度ラメレイヤーを作成します。

先ほどと同じ容量で、作成するのですが、先ほどのノイズとは数値を変えておきましょう。

同じく覆い焼き(発光)にし、このラメレイヤーは最後まで最上部に配置してください。

明暗作り

グラデーションマップレイヤーの下に新規レイヤーを作成

▶︎グラデーション描画ツールで緩やかなグラデーション(位置・方向はお好みで)

▶︎レイヤーモードは「乗算」→色調補正でお好みの色味に調整

色味が変わってしまうので、適宜調整します。

モヤ作り

ディテール付けにモヤを作成します。

フィルター▶︎描画▶︎パーリンノイズ

で、モヤを作りましょう。(こちらも、スケールは大きめの方がオススメです)

編集▶︎輝度を透明色に変換

で、白部分を透明に変換します。

透明部分を保護→オンにして、モノクロ以外の色で塗りつぶしします。

乗算モードにしたあとに、色調補正で気に入るまで調整します。

物足りない場合は、もう一度モヤを作成し、色味を変えたり、レイヤーモードを変えて、ディテール付けをしていきます。

フチ取り

画像を引き締める効果のある、「フチどり」をしていきます。

ラメレイヤーの下に、新規レイヤー▶︎塗りつぶし(何色でもOK)

その後、

選択範囲▶︎すべてを選択

下に出てくる選択コマンドメニューの「選択範囲を縮小」アイコンをクリックし、

フチとなる部分のみ残るよう、数値を決めます。

※参考→1000px〜2000px程度=50〜100px

数値を入力したら「消去」アイコンで消去します。

続いて、

フィルター▶︎ぼかし▶︎回転ぼかし(ガウスぼかしでもOK)

ぼかしができたら、色味を調整しておきましょう。

クオリティUP「飛沫ブラシ」

飛沫ブラシを使うと、さらにクオリティが上がります。

星空にしたい場合は、イエロー系で描画▶︎レイヤーモード「発光系」が鉄板です。

仕上げ

一番上の「ラメレイヤー」意外を結合します。

ラメレイヤー以外を結合

フィルター▶︎効果▶︎色収差

結合により、色味が変わってしまっていたり、色味変えたいなという場合は、

色調補正レイヤー等追加で調整をしましょう。

完成!

こまでみていただきありがとうございます!

以上のような工程で、マーブル画像が作れます。

結構一期一会だったりするので、同じような表現をする予定がある場合は、

ヒストリーや、画面録画等しておくのがオススメです。

  • この記事を書いた人

7kmr

一般社会人。絵を描くことと猫が好きです。

-お役立ちTIPS, ペイントソフトTIPS, 配布素材
-