新TIPSは【毎週日曜:夕~夜】更新予定!

ラフから線画のおしゃれな描き方

【初心者向け】線画の「ニガテごまかし」術【描き方】

今回は、イマイチ線画がニガテな方にオススメしたい「線画ニガテのごまかし術」をまとめてみました。

ReadMore

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方【3ポイント】

今回は、イラストでも漫画でもグッズでもキャラクターを魅力的に演出しやすいデフォルメイラスト・ミニキャラの描き方をご紹介していきます。

ReadMore

affinger6のGoogleアドセンス自動広告時のヘッダー広告の消し方

【AFFINGER6】ヘッダー一面に表示されてしまう自動広告の非表示方法【Googleアドセンス自動広告】

AFFINGER6に設定+Googleアドセンスの自動広告を設定した際に、ヘッダーにいきなりドデカ広告が表示されて困った▶︎同じ悩みで質問や記事はあるものの、いくら検索してもイマイチ解決法が見つからなかったため、今回健忘録として残します。 ほかのテーマでの同じ悩みの際でも、解決に繋がるかも

ReadMore

XP-PENのおすすめペンタブ「板タブ」「液タブ」特集!

【2024年】"こだわり別"に紹介「XP-PEN」のペンタブ特集!【オススメ5選】

指描きやアナログ卒業!デジタルお絵描きに挑戦したい・ペンタブのグレードアップ検討中という方に向けるXP-PENの商品ラインナップから「こだわり別」にピックアップし紹介していきます!

ReadMore

キャラの描き分けで大事な【目の描き分け・描き方】

【「形」で捉える!】目の描き分け方&描くコツ【一覧まとめ】

本記事では、キャラクターにとって最重要と言っても良い「目」の描き分けを紹介していきます。 キャラの描き分けが苦手な方や、キャラデザに詰まっている方におすすめの記事です。

ReadMore

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

味気なくなりがちな「アニメ塗り」をカンタンな小技で初心者感・味気なさ・手抜き感をなくすテクニックをまとめてみました!

ReadMore

初心者にオススメのペイントソフトレビュー

結局どれがいいの?【重視別】おすすめのペイントソフト4選

そろそろデジ絵を始めたい…けど、ペイントソフトはたくさんあって結局どれが良いのかわからない!という方向けに、おすすめのデジタルペイントソフトをピックアップしてみました。 ぜひ、デジ絵デビューの参考にしていただければ嬉しいです。 https://kaketa.blog/archives/1373 あわせて読みたい おすすめのペイントソフト4選と詳細一覧表 結論から言うと一番のおすすめペイントソフトはCLIP STUDIO PAINTです。 ただ、もうちょっと選択肢と「決め手」となる情報が欲しいですね。今回は ...

ReadMore

クリッピングとレイヤーマスクの使い分け・使い方活用方法の解説

【はみ出さずに塗る機能】「クリッピング」と「レイヤーマスク」の違いを解説!【使い方】

ペイントソフトに備わっている機能「クリッピング」と「マスク」というふたつの機能を使いこなせていますか?「正直、違いがわからない…」▶︎「どちらかひとつしか使っていない」という方は、ぜひ、このふたつの機能の特徴を知り、絵の表現の幅を広げるきっかけになれれば幸いです! 解説に使用しているソフトは、CLIP STUDIO PAINT EXですが、他ペイントソフトでも機能があれば、基本的に役割は同じです。 「クリッピング」と「マスク」の違い そもそも、クリッピングとマスクの違いって何?という方も少な ...

ReadMore

イラストにおける色使い・配色の苦手克服に近づくオススメのカラーイラストテクニック本を紹介する記事です。

【2024】配色・色使いのニガテ克服!カラーイラストテクニックおすすめ本・書籍【3選】

こちらの記事は、イラストにおける配色・色使いをテーマとしたオススメのカラーイラストテクニック書籍をまとめた記事となります。 書籍名難易度特徴イラスト、漫画のための配色教室 ミニ帖解説イラストレーターや、シーン・配色がそれぞれにあり、初心者に特にオススメながらもクオリティの高い一冊。光と色のチュートリアルイラストレーターパク・リノさんによる、光と色の表現について秀逸にまとめられた一冊。カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~色彩と光の理論をさまざまなシーン・画家の作品を用いて紹介したと ...

ReadMore

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】アニメ塗り

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】

イラストのクオリティや見栄えをさらにあげるのに大切な「最後のひとおし」として、多くのイラスト加工テクニックがあります。今回は、【イラストの加工テクニック】を一覧としてまとめてみたので、ぜひご参考にしていただければと思います。 なお、使用しているソフトはCLIP STUDIO PAINT EXですが、基本的に他のペイントソフトでも応用が可能です。 1:「オーバーレイ」で色の調和 オーバーレイは、画像全体の色の調和をすることができるオーソドックスな手法です。キャラクターと、背景の色味に違和感を感じる際などは、 ...

ReadMore

お役立ちTIPS ペイントソフトTIPS

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】

当ブログ内には広告が含まれます。

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】アニメ塗り

イラストのクオリティや見栄えをさらにあげるのに大切な「最後のひとおし」として、多くのイラスト加工テクニックがあります。
今回は、【イラストの加工テクニック】を一覧としてまとめてみたので、ぜひご参考にしていただければと思います。

なお、使用しているソフトはCLIP STUDIO PAINT EXですが、基本的に他のペイントソフトでも応用が可能です。

1:「オーバーレイ」で色の調和

オーバーレイは、画像全体の色の調和をすることができるオーソドックスな手法です。
キャラクターと、背景の色味に違和感を感じる際などは、特におすすめの機能です。

最上部に新規レイヤーを作成→適当な色で塗りつぶし
or
グラデーションマップレイヤーを作成→お好みのグラデーションマップに設定

レイヤーモードを「オーバーレイ」に変更

◀️画像は、単色塗りつぶしでの処理です。
 ※画像クリックで拡大可能

2:「スクリーンサンド」でキャラを強調

たとえベタ塗りだったとしても、背景があるイラストは多少なりともキャラクターのインパクトがゆらぐことも少なくありません。
その場合に、キャラクターレイヤーと背景レイヤーの間スクリーンレイヤー+キャラの縁取りをすると、複雑な背景があったとしても、キャラクターの強調ができます。

スクリーンイラスト加工

キャラクターと背景の間に新規ラスターレイヤーを作成

エアブラシなど、柔らかいブラシで縁取るように塗る
※キャラクターのシルエットを取り、塗りつぶし→ガウスぼかしでも⭕️

この作業だけで、キャラクターと背景の「差別化」ができ、キャラクターの強調が演出できます。

空気感も加えることができるので、複雑な背景であればあるほど、おすすめの一手間です。

3:上下に「黒枠」で視線誘導

よく、映画などにあった上下の黒い縁がありますね。
イラストにもこれを用いると、イラストがグッと引き締まります。

イラストの視線誘導

新規ラスターレイヤーを最上部に作成

長方形ツールまたは、選択ツール(長方形)+塗りつぶしで、横に細長い長方形を上部(または下部)に作成

長方形レイヤーを複製

整列ツール」で下端(上端)を整列

で、黒枠は完成です。

黒枠を作ることによって、隠れてほしくない部分がある際は、キャラクターのサイズを調整するか、黒枠を細くするのも⭕️

全体的に視野が狭まることで、よりキャラクターに視線を集めることができ、視線誘導効果も得ることができます。

4:パキッとした印象にする「シャープ加工」

イラストをパキッとした印象にする「シャープ加工」

クリスタで使用できるシャープと詳細をもたらす。 (Sharpening and bringing details.)というオートアクションの効果が、とても良いタッチになります。

イラストをパキッとした印象にする「シャープ加工」
画像は、素材内の「Sharpening Strong」を使用

5:「ノイズ」でディテール付け

これまでの加工を施しても「なんかこう、ディテールもつけたい」というもうひと押し精神が湧き上がったときに重宝するのが、「ノイズ加工」です。

イラストのノイズ加工

クリスタでノイズ加工をする手順

メニューバー「フィルター」

「効果」→「ノイズ」

で簡単にノイズの加工を施すことができます。

6:「色収差」で単調さ回避

クリスタでのイラスト加工「色収差」のやり方。

ノイズ効果と同様、ディテール付けとして単調さを回避しやすい「色収差」という加工もオススメです。

クリスタで色収差加工をする手順

メニューバー「フィルター」

「効果」→「色収差(色ずれ)」

色収差の際、顔など見せたいところがぼやけてしまうのがイヤ!という方は、
「色収差の種類」の項目を「放射線状(中心点を使用)」にし、❌(中心点)を顔に設定すると、背景やその他はぼかし、顔はクッキリという色収差もできます。
視線誘導もできますね。

クリスタでのイラスト加工「色収差」のやり方。

さらにノスタルジックな色収差テクニック

こちらは、ソフトの備え付けの色収差ではできませんが、RGBチャンネル分解さえできればどのソフトでもできる色収差テクニックです。

さらにノスタルジックなイラスト色収差テクニック

※クリックで拡大可能

RGBどれかひとつのチャンネルを選択
※画像はR(レッド)

「フィルター」→「ぼかし」

「回転ぼかし」
※お好みで移動ぼかしなどでもOK

以上の手順で、さらに味のある色収差加工が可能です。

7:「グロー効果」でクオリティアップ感

「グロー効果」は、厚塗りでもアニメ塗りでも簡単かつ高クオリティに仕上げやすい加工です。

クリスタイラスト加工テクニック「グロー効果」

下記の配布クリスタ素材を使用していますが、プロクリエイトなど他のペイントソフトでも応用が可能です。

まとめ

以上、イラストの加工テクニック一覧でした。

(上)加工前 (下)加工後

イラストをさらにクオリティアップさせる技としてご紹介しましたが、
やりすぎにはご注意を!

  • この記事を書いた人

7kmr

一般社会人。絵を描くことと猫が好きです。

-お役立ちTIPS, ペイントソフトTIPS
-