新TIPSは【毎週日曜:夕~夜】更新予定!

ラフから線画のおしゃれな描き方

【初心者向け】線画の「ニガテごまかし」術【描き方】

今回は、イマイチ線画がニガテな方にオススメしたい「線画ニガテのごまかし術」をまとめてみました。

ReadMore

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方【3ポイント】

今回は、イラストでも漫画でもグッズでもキャラクターを魅力的に演出しやすいデフォルメイラスト・ミニキャラの描き方をご紹介していきます。

ReadMore

affinger6のGoogleアドセンス自動広告時のヘッダー広告の消し方

【AFFINGER6】ヘッダー一面に表示されてしまう自動広告の非表示方法【Googleアドセンス自動広告】

AFFINGER6に設定+Googleアドセンスの自動広告を設定した際に、ヘッダーにいきなりドデカ広告が表示されて困った▶︎同じ悩みで質問や記事はあるものの、いくら検索してもイマイチ解決法が見つからなかったため、今回健忘録として残します。 ほかのテーマでの同じ悩みの際でも、解決に繋がるかも

ReadMore

XP-PENのおすすめペンタブ「板タブ」「液タブ」特集!

【2024年】"こだわり別"に紹介「XP-PEN」のペンタブ特集!【オススメ5選】

指描きやアナログ卒業!デジタルお絵描きに挑戦したい・ペンタブのグレードアップ検討中という方に向けるXP-PENの商品ラインナップから「こだわり別」にピックアップし紹介していきます!

ReadMore

キャラの描き分けで大事な【目の描き分け・描き方】

【「形」で捉える!】目の描き分け方&描くコツ【一覧まとめ】

本記事では、キャラクターにとって最重要と言っても良い「目」の描き分けを紹介していきます。 キャラの描き分けが苦手な方や、キャラデザに詰まっている方におすすめの記事です。

ReadMore

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

味気なくなりがちな「アニメ塗り」をカンタンな小技で初心者感・味気なさ・手抜き感をなくすテクニックをまとめてみました!

ReadMore

初心者にオススメのペイントソフトレビュー

結局どれがいいの?【重視別】おすすめのペイントソフト4選

そろそろデジ絵を始めたい…けど、ペイントソフトはたくさんあって結局どれが良いのかわからない!という方向けに、おすすめのデジタルペイントソフトをピックアップしてみました。 ぜひ、デジ絵デビューの参考にしていただければ嬉しいです。 https://kaketa.blog/archives/1373 あわせて読みたい おすすめのペイントソフト4選と詳細一覧表 結論から言うと一番のおすすめペイントソフトはCLIP STUDIO PAINTです。 ただ、もうちょっと選択肢と「決め手」となる情報が欲しいですね。今回は ...

ReadMore

クリッピングとレイヤーマスクの使い分け・使い方活用方法の解説

【はみ出さずに塗る機能】「クリッピング」と「レイヤーマスク」の違いを解説!【使い方】

ペイントソフトに備わっている機能「クリッピング」と「マスク」というふたつの機能を使いこなせていますか?「正直、違いがわからない…」▶︎「どちらかひとつしか使っていない」という方は、ぜひ、このふたつの機能の特徴を知り、絵の表現の幅を広げるきっかけになれれば幸いです! 解説に使用しているソフトは、CLIP STUDIO PAINT EXですが、他ペイントソフトでも機能があれば、基本的に役割は同じです。 「クリッピング」と「マスク」の違い そもそも、クリッピングとマスクの違いって何?という方も少な ...

ReadMore

イラストにおける色使い・配色の苦手克服に近づくオススメのカラーイラストテクニック本を紹介する記事です。

【2024】配色・色使いのニガテ克服!カラーイラストテクニックおすすめ本・書籍【3選】

こちらの記事は、イラストにおける配色・色使いをテーマとしたオススメのカラーイラストテクニック書籍をまとめた記事となります。 書籍名難易度特徴イラスト、漫画のための配色教室 ミニ帖解説イラストレーターや、シーン・配色がそれぞれにあり、初心者に特にオススメながらもクオリティの高い一冊。光と色のチュートリアルイラストレーターパク・リノさんによる、光と色の表現について秀逸にまとめられた一冊。カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~色彩と光の理論をさまざまなシーン・画家の作品を用いて紹介したと ...

ReadMore

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】アニメ塗り

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】

イラストのクオリティや見栄えをさらにあげるのに大切な「最後のひとおし」として、多くのイラスト加工テクニックがあります。今回は、【イラストの加工テクニック】を一覧としてまとめてみたので、ぜひご参考にしていただければと思います。 なお、使用しているソフトはCLIP STUDIO PAINT EXですが、基本的に他のペイントソフトでも応用が可能です。 1:「オーバーレイ」で色の調和 オーバーレイは、画像全体の色の調和をすることができるオーソドックスな手法です。キャラクターと、背景の色味に違和感を感じる際などは、 ...

ReadMore

描き方TIPS

【目もとの表現力UP!】イラストでの涙袋の描き方【クマ防止・描き分け】

当ブログ内には広告が含まれます。

イラスト・絵における「涙袋」の描き方
こちらもオススメ!

クマと涙袋の描き分け

涙袋を描くうえで、難しいのが涙袋の立体感を出したいのに、クマになってしまう
というところです。

使用ブラシや、おすすめのブラシ設定

使用ソフトはCLIP STUDIO PAINT PROを使用しています。また、ブラシはオリジナルのブラシを使用しています。

オリジナルブラシは、CLIP STUDIO ASSETSにて無料で公開しています!

ポイント1:瞳の真下に描く

涙袋(影)を描く際は、瞳の真下に横長の逆三角形を描くイメージで描いてみましょう!
目の立体感を演出でき、目のディテール付けにとても有効です。

ポイント2:涙袋は【凸】!

イメージとして「涙袋を描く」というよりは、「涙袋の存在を強調するために影を描く」というポイントです。

下まぶたに沿うように少しの感覚を開けて光の当たる凸部分のスペースをしっかりとって影を入れましょう。

NG例・描き分け例

クマ・病的になる

クマ・病的になりやすい例として

  • 涙袋の凸スペースなし
  • 目頭から目尻まで等影サイズが大きい
  • 影色が濃いor色選びミス

などの影の入れ方だと、クマっぽくなりやすいです。

老け感が出る例

凸スペースをきちんと作っても、目元から描き始めるなどすると、目もとのこけ感がでるので、描き始めは注意しましょう。

ただ、NG例として紹介していますが、逆にクマがある・病的なキャラクターを描きたい時や、年配のキャラクターを描きたい場合は、上のような描き方を意識してみると良いでしょう。

笑顔の目元の描き方

涙袋の描き方 笑顔
笑顔の目元はベース・ハイライトを主役に!

涙袋は、笑うと、凸部分のスペースが広く(厚く)なります。

実際に、笑った時の方が影が入りやすく、涙袋の存在が強調され、影も濃くなります。
そのため、つい影を濃く・大きく描きたくなりますが、爽やかな笑顔を描きたい場合は、影は控えめ・細めの楕円形にしましょう。

笑顔涙袋:NG例

通常表情時の容量で、大きめ逆三角形で書くと、クマっぽくなり、病的で無理をして笑っているような印象になりやすいです。
笑顔のときの涙袋の影は、細め・薄め(長めはOK)

カラーで涙袋を描く

それでは、レベルアップしてカラーで描いてみましょう。
右は完成イラストです。

下書き・下塗りをします。
※涙袋の描き方に直接的に関連しないため、この工程の詳細は割愛します。

涙袋用の影色を

下まぶたのアーチに沿い、影を入れます。

このとき、影色は涙袋用に、血色の良いイメージになるようサーモンピンクなど、明るい彩度高めの色がおすすめです。

NG例

影色を間違えたり、描き始めの位置や大きさなどを間違えると前述のように、クマっぽく、または年配めな印象になりやすいです。

まとめ

以上、涙袋の描き方の紹介でした!
涙袋は、少しの描き方の違いで、大きく印象が変わりやすく、描くのが難しいものでもあります。

しかし、涙袋お描き方をマスターすれば、イラストにおける目もとの見栄えがぐんとあがるので、ぜひ挑戦してみましょう!

pickup!
こちらもオススメ!
  • この記事を書いた人

7kmr

一般社会人。絵を描くことと猫が好きです。

-描き方TIPS
-, ,