新TIPSは【毎週日曜:夕~夜】更新予定!

ラフから線画のおしゃれな描き方

【初心者向け】線画の「ニガテごまかし」術【描き方】

今回は、イマイチ線画がニガテな方にオススメしたい「線画ニガテのごまかし術」をまとめてみました。

ReadMore

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方

【〝メリハリ〟がコツ!】デフォルメキャラの描き方【3ポイント】

今回は、イラストでも漫画でもグッズでもキャラクターを魅力的に演出しやすいデフォルメイラスト・ミニキャラの描き方をご紹介していきます。

ReadMore

affinger6のGoogleアドセンス自動広告時のヘッダー広告の消し方

【AFFINGER6】ヘッダー一面に表示されてしまう自動広告の非表示方法【Googleアドセンス自動広告】

AFFINGER6に設定+Googleアドセンスの自動広告を設定した際に、ヘッダーにいきなりドデカ広告が表示されて困った▶︎同じ悩みで質問や記事はあるものの、いくら検索してもイマイチ解決法が見つからなかったため、今回健忘録として残します。 ほかのテーマでの同じ悩みの際でも、解決に繋がるかも

ReadMore

XP-PENのおすすめペンタブ「板タブ」「液タブ」特集!

【2024年】"こだわり別"に紹介「XP-PEN」のペンタブ特集!【オススメ5選】

指描きやアナログ卒業!デジタルお絵描きに挑戦したい・ペンタブのグレードアップ検討中という方に向けるXP-PENの商品ラインナップから「こだわり別」にピックアップし紹介していきます!

ReadMore

キャラの描き分けで大事な【目の描き分け・描き方】

【「形」で捉える!】目の描き分け方&描くコツ【一覧まとめ】

本記事では、キャラクターにとって最重要と言っても良い「目」の描き分けを紹介していきます。 キャラの描き分けが苦手な方や、キャラデザに詰まっている方におすすめの記事です。

ReadMore

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

【アニメ塗り】の「初心者感」をなくす小技集【5種+α】

味気なくなりがちな「アニメ塗り」をカンタンな小技で初心者感・味気なさ・手抜き感をなくすテクニックをまとめてみました!

ReadMore

初心者にオススメのペイントソフトレビュー

結局どれがいいの?【重視別】おすすめのペイントソフト4選

そろそろデジ絵を始めたい…けど、ペイントソフトはたくさんあって結局どれが良いのかわからない!という方向けに、おすすめのデジタルペイントソフトをピックアップしてみました。 ぜひ、デジ絵デビューの参考にしていただければ嬉しいです。 https://kaketa.blog/archives/1373 あわせて読みたい おすすめのペイントソフト4選と詳細一覧表 結論から言うと一番のおすすめペイントソフトはCLIP STUDIO PAINTです。 ただ、もうちょっと選択肢と「決め手」となる情報が欲しいですね。今回は ...

ReadMore

クリッピングとレイヤーマスクの使い分け・使い方活用方法の解説

【はみ出さずに塗る機能】「クリッピング」と「レイヤーマスク」の違いを解説!【使い方】

ペイントソフトに備わっている機能「クリッピング」と「マスク」というふたつの機能を使いこなせていますか?「正直、違いがわからない…」▶︎「どちらかひとつしか使っていない」という方は、ぜひ、このふたつの機能の特徴を知り、絵の表現の幅を広げるきっかけになれれば幸いです! 解説に使用しているソフトは、CLIP STUDIO PAINT EXですが、他ペイントソフトでも機能があれば、基本的に役割は同じです。 「クリッピング」と「マスク」の違い そもそも、クリッピングとマスクの違いって何?という方も少な ...

ReadMore

イラストにおける色使い・配色の苦手克服に近づくオススメのカラーイラストテクニック本を紹介する記事です。

【2024】配色・色使いのニガテ克服!カラーイラストテクニックおすすめ本・書籍【3選】

こちらの記事は、イラストにおける配色・色使いをテーマとしたオススメのカラーイラストテクニック書籍をまとめた記事となります。 書籍名難易度特徴イラスト、漫画のための配色教室 ミニ帖解説イラストレーターや、シーン・配色がそれぞれにあり、初心者に特にオススメながらもクオリティの高い一冊。光と色のチュートリアルイラストレーターパク・リノさんによる、光と色の表現について秀逸にまとめられた一冊。カラー&ライト ~リアリズムのための色彩と光の描き方~色彩と光の理論をさまざまなシーン・画家の作品を用いて紹介したと ...

ReadMore

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】アニメ塗り

【見栄えUP!】キャラクターを引き立てるカンタン加工法一覧【まとめ7選】

イラストのクオリティや見栄えをさらにあげるのに大切な「最後のひとおし」として、多くのイラスト加工テクニックがあります。今回は、【イラストの加工テクニック】を一覧としてまとめてみたので、ぜひご参考にしていただければと思います。 なお、使用しているソフトはCLIP STUDIO PAINT EXですが、基本的に他のペイントソフトでも応用が可能です。 1:「オーバーレイ」で色の調和 オーバーレイは、画像全体の色の調和をすることができるオーソドックスな手法です。キャラクターと、背景の色味に違和感を感じる際などは、 ...

ReadMore

描き方TIPS

【厚塗り風】立体感のあるワンレンゆるふわパーマ・ウェーブ髪の描き方【男性キャラ向け】

当ブログ内には広告が含まれます。

男性キャラ向けの、厚塗り風パーマ・ウェーブ髪の描き方

この記事では、厚塗り風で立体感のあるパーマ・ウェーブヘアの描き方の紹介をしていきます。

◎使用ブラシ詳細

ブラシ名配布元・カスタム詳細特徴・用途
うたげ水彩うたげブラシ70CLIPPY水彩の柔らかさが○
大まかな部分を塗る時に多様
コピック ブラシニブ風コピック ブラシニブ風FREE(カスタム詳細は下図参照)うたげ水彩に近い描き味に。
重ねベタ重ねベタFREE不透明度50%〜80%+固めブラシ
色ラフ・重ね塗りして色を追加する時や、サイズを小さくして細かい描写に使用。

同じブラシでなくとも、似た設定のブラシカスタムをすれば応用も可能かと思います!
ですが、今回は【厚塗り】での解説のため、描画不透明度を落としたブラシ設定をオススメします。

また、基本的な髪の毛の描き方・塗り方の詳しい説明は下記の記事に細かくまとめてありますので、迷ってしまう場合は▼の記事も一度ご参照ください。

1.ラフ・アタリを描く

まずは、頭の形・そして生え際もザックリとラフでアタリを描いていきます。

基本的に使用するブラシは重ねベタです。

続いて髪のアタリも描いておきます。

・頭の形
・ボリュームと体のスケール感覚
・髪の流れ
・生え際の位置

を意識しながらザックリでOK

2.根元を立たせたアタリを描く

ラフができたら、より精密なラフを描きます。

※シルエットの確認のために、この段階で仮塗りをしていますが、これはお好みでOK

・髪の流れ
髪の奥行き

そして、ゆるふわ髪に一番大切な

◎根元を立たせてボリュームを加える

をイメージしつつ描いていきます。

奥行きがあやふやになりそうでしたら、綺麗でなくてOKなので、メモ代わりに影などを入れておくと良いです。

3.色塗り

ベース塗り

ラフを参照しつつ、ベースとなる色を塗っていきます。

レイヤーは以下のようになるので、ベース色レイヤー(▼画像では「レイヤー6」)は、不透明度100%のブラシでしっかり塗っておきましょう。

立体感を出す「階層分け」

ここではうたげブラシ(またはコピック ブラシニブ風)を使用します。※消しゴムも同じです。

ベースレイヤーの上に、乗算フォルダを作成し、クリッピング。
そのフォルダの中に、新規ラスターレイヤー(ブレンドモードは通常)を作成し、薄い色で塗っていきます。

奥行きと光源を加味し、塗っていきます。

  • 影がかかっている部分
  • 手前に来ている部分
  • 深い位置の部分

と、奥行きがどうなっているか、ラフを参考に階層分けしていきます。

最奥部には空気感

一番奥にいく毛先は、空気感を出すと更に立体感を演出できます。
先ほどの乗算フォルダの上に、スクリーンフォルダを作成し、同じくクリッピングします。

そしてその中に新規ラスターレイヤー(通常モード)を作成し、薄い水色で不透明度は低めに色を置きます。
▶︎画像は、クリッピング解除して表示したモード

ハイライト

続いてハイライトを塗っていきます。

先ほど作成した、スクリーンフォルダ内で、新たにラスターレイヤーを作成します。
順番は、最奥部の水色レイヤーの上に、ハイライトレイヤーが無難です。

天使の輪を描きます。
ウェーブヘアなので、綺麗な天使の輪ではなく、それぞれの髪束に合わせた天使の輪を意識しますが、

・トップ=大きい天使の輪
・毛先や、カールのかかった部分=小さい天使の輪


を意識して塗っていきます。

3.整え作業

線画を描いていく

一番上に通常モードの新規レイヤーを作成し、重ねベタブラシで線画を描いていきます。

+加筆

線画を描きながら、細かい部分の描き込みも行っていきます。
※不安な方は、「階層分け」で作成した乗算フォルダ内で、新しくレイヤーを作成▶︎「階層分け」段階で作成したレイヤーの上に配置し、少し濃い色で塗ってみましょう。
レイヤー分けしてるので、色調整可能なところがメリットです。

影を追加

シーン(光源)によって、より影が入る場合は、さらに新規レイヤー(乗算)を作成し、色を置いていくこともあります。

線画レイヤーを挟んだことで、クリッピングが使用できないので、マスクの使用をしてみます。

▶︎の手順で髪レイヤーからマスクを作成し、適用しました。※タップorクリックで画像拡大できます。

光源を意識した影を入れたことにより、見る側にも光源がどの方向から差しているのかが見て分かるようになったかと思います。

また、同じ要領でハイライトも置いていくとさらにコントラストの強調ができますので、試してみてください!
※その際、影部分はハイライトがかからないように消しゴムで消すなどしておくと、のっぺり防止になります。

4.仕上げ

追い加筆

加筆を更に加えていきます。
この段階では、スポイトを駆使しながらの作業になるので、
重ねベタブラシと、スポイト(表示色から取得)の往復になります。

一本毛を描く

見栄えを上げるのによく使う「キラキラ一本毛」を描いていきます。

この工程も、重ねベタブラシがオススメです。

完成!

以上の工程で描き進めていき、完成です。

今回ご紹介したブラシは皆タッチがやわらかめのため、お好みでシャープをかけるとまた違った味がでるので、ぜひお試しください!

シャープ加工は、無料で配布されている
Sharpening and bringing details.というオートアクションがオススメです!

https://assets.clip-studio.com/ja-jp/detail?id=1819355

Sharpening and bringing details.内の
Sharpening Strong」がイチオシです!

  • この記事を書いた人

7kmr

一般社会人。絵を描くことと猫が好きです。

-描き方TIPS
-, ,